宅浪塾〜引きこもりからの大学受験〜
心のこと

不登校は、悪くない

不登校は悪くない

不登校になると、とにかく自分を責めるようになると思います。

担任の先生や親も、なんで「普通」じゃないんだとか、なんでうちの子が、という疑いや哀れみの目で見てきますし、「普通」の生徒たちがきらきらと輝いて見えて、ますます自分が惨めで消えたくなる。

でも、中学の半分と高校時代、丸々不登校だった実体験から言うと、別に「不登校は悪くない」ということははっきりと言えます。

僕も、完全な不登校になる前は早退や保健室登校が続きました。

それでも、当時は「不登校は悪いこと」という固定観念があったので、必死にしがみつこうとしていました。ですが、教室に行くたびに体調が悪くなる。早退したいと言うとクラスメイトが冷やかす。

それが辛くて、また失敗するんじゃないか、また体調が悪くなるんじゃないか、また馬鹿にされるんじゃないか、という「予期不安」から余計に体調が悪くなる。

その心の癖がついて、ますます学校に行けなくなって、最後は力尽きるように完全な不登校になりました。

それからしばらくは重いうつ状態という感じでした。死にたい、消えたい、と毎日のように泣いていました。

なぜあんなに学校に固執していたんだろう、と今は思います。

体と心が学校を拒絶しているのに、頭が「学校に行くことは正しいこと」「不登校は悪いこと」と言って引き裂かれそうになっていました。

それは心の声(サイン)なのに。

たぶん、僕はその頃、一度不登校になったら、もう二度と後戻りできない、取り返しがつかない、という想いが強かったのだと思います。

でも、断言しますが、「そんなことはない」です。

いくらでもやり直しがききますし、学校は一つの選択肢にすぎません。世の中には思っているよりもずっと色んな道があります。色んなひとがいます。

それに、しばらく立ち止まっていても歩きだせるときはいつか訪れます。

むしろ、恐怖や不安に苛まれながらその場で足踏みを繰り返すよりも、いっそ立ち止まってしゃがんで空を見ていたり眠っているほうが結果的には近道になります。

夏休み明けをびくびくしている学生も多いでしょう。もしどうしてもしんどかったら、不登校という選択をするのは、全然悪くないことだと僕は思います。

それは「不登校(登校しない)」というよりも、「休む」という違う道を歩み出す、と考えたほうがいいかもしれません。

そのときは、引け目を感じて休むのではなく、自信を持って休んでほしいと思います。自信を持って、というのが難しかったら、無責任かもしれませんが、遠くから僕が「よく頑張ったね」「休んでいいよ」と背中をさすります。

そうして3年でも、5年でも、のんびりと休んだらいいと思います。

ただ、一つだけ、休むときには、あまりゲームばかりして過ごすとか、体に悪いものばかり食べるというのはやめましょう。

食事や睡眠は心にもとても影響を与えますし、無理して食べようとか、無理して眠ろうと頑張らなくてもいいので、せめて悪いことをしすぎない(悪いものを取りすぎない)ようにしましょう。

あとは、ゆっくり休んで、少し何かしてみたいな、と思ったら好きなことをやってみましょう。

それも、自分は今「不登校だから」という後ろめたさを感じることはありません。

じっくり休んで、じっくり好きなことをしたらいいんです。それで絶対にじゅうぶんです。

0

[PR]

勉強には、体や心の健康を保つ日頃の習慣も肝心です。

からだに優しいオーガニックのハーブティーは、古くから体や心の調子を整えるために活用されてきました。



MENTのブレンドハーブティーは、電車や人混みが怖い、一日中ぼうっとして気力が出ない、動悸や不安感で眠れないといった自律神経症状の方に向けて、英国で活動するハーブの専門家と共同開発した安心のハーブティーです。

お得な定期便なら、いつでも解約や商品の変更が可能です。

また栄養士や鍼灸師、ヨガインストラクターなどの専門家が監修した情報誌もセットでつくので安心して心身と向き合うことができます。

公式サイト

よかったら勉強のおともにぜひ一度試してみて下さい。

0