宅浪塾〜引きこもりからの大学受験〜
心のこと

羽海野チカさんと「友達」

友達ができない

友達ができない。あるいは、ようやくできた友達にすぐ裏切られる。余計にひとが信じられなくなり、ますます友達ができない ─── 。

こういう悪循環が続くときには、相手との距離感が分からなくなっていることも多いと思います。

そして、硬くなって少しも自分のことを話せずに閉じこもるようになったり、うわべだけの関係性になる。

また、逆に、このひとにだけは自分の全部をわかってほしくて、全部をさらけ出して、依存したり、嫉妬や不安や独占欲に襲われる。

結果、相手に重い負担となって、離れられる(裏切られる、と感じることもあるかもしれません)。

そういう悩みを抱えているひとも多いでしょう。

そこでこの記事では、友達ができない、いつも裏切られる、といったような友達関係の難しさについて考えてみたいと思います。

自己肯定感の低さ

友達が欲しいと強く思うときは、一体どんなときが挙げられるでしょう。

たとえばそれは、みんなが楽しそうにしていて寂しいときかもしれませんし、誰かに悩みを打ち明けたいときかもしれません。

そして、寂しい、苦しい、友達が欲しい、と思うと、「誰でもいいから友達が欲しい」ということが何よりも先決になってしまう。

友達関係の失敗の大きな要因として、もしかしたら以下のようなツイッターの言葉が当てはまるかもしれません。

いかがでしょう、胸が痛くなるくらい、心当たりがあるのではないでしょうか(僕もあります)。

いつも自分に自信がなく、胸が苦しくなって、だれかに好かれること、肯定されることを求めて相手の要求を飲む。

そんな風にして相手に合わせて、自分に嘘をついて、そしたらもっともっと自分のことが嫌いになる。

こうした「自己肯定感の低さ」を、周囲もまた敏感に察知します。

こいつは馬鹿にしても傷つかないだろう、ちょっとくらいぞんざいに扱っても平気だろう。

悪意のある悪者だけでなく、普通に善意で近づいてくれるひとでも、無意識のうちに「どうせ怒らないだろう」と舐めるようになっていきます。

それでも、たとえどれだけ舐められても、こんな自分なんかに「1」でももらえるなら、と感謝する。

そんな風にして自分に対する重たく悲しい「嘘」が積もっていきます。

羽海野チカさんと「友達」

それでは、一体どうすれば自分に「嘘」がなく友達をつくることができるのでしょうか。

その対処法として大切なことは、これはとても根本的なことになるのですが、「友達」を欲しない、ということだと僕は思います。

友達を欲すると、その時点で、自分が友達が欲しくて、友達になってもらう、友達でいてもらう、という風に非対称な関係性が生じます。

最初から、「私なんかのために」というのが前提になってしまう。

そして、どんな嫌なことも我慢し、自分に嘘をついて相手に合わせる、という例の循環にはまり込む。

でも、ほんとうは友達は、「つくる」ものではなく、「できる」ものだと思うのです。

結果として、「できる」もの。

では、どうすれば「できる」のか。

その答えのヒントとなるのが、『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』を描いている漫画家の羽海野チカさんの言葉にあります。

羽海野チカさんは、学生時代、友達がいなかったそうです。

そして、友達のいる世界を妄執(深い執着)のように想像しながら描いた漫画が、『ハチミツとクローバー』でした。

羽海野チカさんのデビュー作『ハチミツとクローバー』は、美大の学生たちが繰り広げる青春物語です。

それは、羽海野さん自身の実体験を描いたものではなく、こんな世界だったら、という「夢」を描いたものでした。

羽海野チカ『ハチミツとクローバー 10巻』より

その夢の世界を描き続けたら、次第に人と話せるようになり、そして本当に友達ができた。「現実」になったのです。

ここで大事なことは、羽海野チカさんが、友達をつくろうとしたわけではなかった、ということです。

結果としてできた。

自分の好きなことを続け、大切だとおもうことに取り組み、その結果として、気づいたら友達ができたのです。

だから、もし友達ができないと悩んでいるようなら、無理に友達をつくろうとするのではなく、自分の趣味や好きなことを見つけること。それをひとりで楽しむことです。

僕自身、振り返ってみても、関係が長く続いている友人は、自分が好きなことを無心に行い続けていたときに出会ったひとのように思います。

そのことを端的に語っているツイートがあったので、最後に紹介したいと思います。

0

[PR]



からだに優しいオーガニックのハーブティーは、古くから体や心の調子を整えるために活用されてきました。

MENTのブレンドハーブティーは、電車や人混みが怖い、一日中ぼうっとして気力が出ない、動悸や不安感で眠れないといった自律神経症状の方に向けて、英国で活動するハーブの専門家と共同開発した安心のハーブティーです。

お得な定期便なら、いつでも解約や商品の変更が可能で、初回は50%OFFの1880円(送料無料)。朝と夜の専用ブレンドハーブティーが、それぞれ30ティーバック入り、朝晩一杯ずつで約一ヶ月分となります。

また栄養士や鍼灸師、ヨガインストラクターなどの専門家が監修した情報誌もセットでつくので安心して心身と向き合うことができます。

よかったらぜひ一度試してみて下さい。

ハーブティーの詳細や使用後の声を見る

0