アプリ」カテゴリーアーカイブ

インスタのダイレクトメッセージの「送信取り消し」でメッセージは相手画面から「消える?」「消えない?」



LINEの「送信取り消し」機能の欠点

今月から、メッセージアプリ「LINE」に、誤って送ったメッセージを送信したあとに相手の画面から削除できる「送信取り消し」機能がつきました。この機能自体は、多くのLINEユーザーから歓迎され、大きな話題となりました。

しかし、このLINEの送信取り消し機能には、ある「欠点」がありました。それは、送信取り消しを行うと、「メッセージの送信を取り消しました」と相手画面に表示されることです。

 

画像  :  【激怒】LINEの「誤送信取り消し機能」が全く使えないと判明! それじゃ意味ねえだろうがよォォオオオ!!

 

この表示機能に、これでは「逆に怪しい」と批判が集まっています。また、好きなひとにこのメッセージの痕跡だけ残して相手を動揺させるテクニックを使う強者もあらわれるだろう、といった声もあります。

ただ、この「欠点」はさておき、送信取り消し機能があること自体は、別に疚しいことだけでなく内容的にちょっと違うな、ということもあるので助かります。



インスタグラムDMの送信取り消し、相手画面から「消える?」「消えない?」

ところで、最近の若者は「LINE離れ」が進んでいる、というニュース記事を読みました。特に高校生は、LINEではなくインスタグラムのダイレクトメッセージ機能でやりとりをしていることが多いようです(参照  : 「LINE未読200件」高校生がLINE離れしてインスタに向かう理由

僕自身はまだまだLINEを使うことも多いですが、一方でツイッターやインスタグラムのDM機能を使うこともあります。そこで、インスタのメッセージの「送信取り消し」機能について、LINEとの比較も兼ねて検証してみたいと思います。

インスタのダイレクトメッセージにも、メッセージ内容を長押しすると「送信取り消し」の表示が出ます。その表示をタップすると、自分のメッセージ画面から削除できます。

それでは、この「送信取り消し」で、「相手のメッセージ画面からも消える」のでしょうか。

以前は、メッセージのやりとりの「真っ最中」でも、相手が送信取り消しを押すと目の前で魔法のようにしゅっと消えていました。

しかし、今は「一度既読すると当面は残る」仕組みになっています(ツイッターのつぶやきで、一度見たひとのタイムライン上には、こちらで消しても長く残り続けるように)。ただ、「既読前」であれば相手画面上からも消えるシステムになっています(確認済み)。

というわけで、インタグラムのダイレクトメッセージの送信取り消しは、「2017年12月16日現在」、既読前なら、すぐに相手画面からメッセージが消える、ということが確認できました。

また、LINEとの比較で言えば、「送信を取り消しました云々」もインスタのダイレクトメッセージには表示されません。



インスタのダイレクトメッセージは、LINEのように画面上がごちゃごちゃしていないので使い心地の良さもあって僕も結構好きです(LINEだと、その気軽さから、つい相手との距離感も見誤ってしまいますよね)。

ちなみに、ツイッターのダイレクトメッセージ機能は、LINEやインスタと違って「既読を通知しない」ことを選べますが、「送信取り消し」機能はありません。たとえ既読前に削除したとしても、画面からは消えないので注意が必要です。

ただ、これも「現在」なので今後仕様は変わるかもしれません(送信取り消し機能については、なるべく勝手に変更はしないでほしいと思いますが….)。

整理術、ツイッターでリストを活用および削除する方法(パソコン&スマホ)



リスト機能の活用

ツイッターでフォローしているひとの数が増えてくると、タイムラインが溢れかえって、うっかり大切なつぶやきを見逃したり色々と混乱することもあるのではないでしょうか。

そんなときに上手に活用したいのが、「リスト機能」です。

フォローしているひとをミュート(つぶやきが表示されないように)し、リストを作成。そのリストにいれると、自分の見たいときに見たいひとのつぶやきが見れるようになります。

たとえば、リストの名前に「夜によみたいひと」と名付け、そのリストにいれると、なんとなく一冊の本を開くようにつぶやきを見ることができると思います(リストは非公開にできます)。

参照 : リストの作成方法 | ツイッター(Twitter)のもっと便利な使い方

さて、このツイッターの整理に効果的なリスト機能ですが、頻繁に活用すると、今度はリストが溢れ、「だれをどのリストにいれていたっけ」と混乱してしまいます。

そこで本日は、整理術の一つとして、このツイッターの「リスト」を削除する方法を紹介したいと思います。

 

リストの削除方法(スマホ)

まず、スマホのツイッター公式アプリでリストを削除する方法を紹介します。

1、ツイッターのアカウントの左から「リスト」を選びます。

2、リスト名が出てくるので、削除したいものをタップします。

 

 

3、右上にある編集を選択します。

4、一番下に「リストの削除」が出てくるので削除を選んで下さい。

 

リストの削除方法(パソコン)

パソコンも、スマホと方法はほとんど一緒です。

1、右上の「アイコン」をクリックし、「リスト」を選びます。

2、リストから削除したいものをクリックします。

3、左上に「編集」「削除」と並んで出てきます。「削除」を選択して下さい。

 

年末の整理「もうツイッターをやめる」というのも選択肢の一つでしょうし、もし情報源や繋がりとしてツイッターが欠かせないようなら、表示も混乱していると思うので一度整理してみると心がすっきりするかもしれません。

以上、整理術としてのツイッターのリストの活用と削除の方法でした。

Apple Musicの無料トライアルに登録してみた感想及び解約の方法【レビュー】



Appleの定額配信サービス「Apple Music」のレビュー
★★★☆☆ 3/5


Apple Musicの無料トライアルに登録

先日、AppleがiTunesの「音楽ダウンロード」を2019年か、早ければ2018年末頃には終了する、というニュースがありました。

現在、Appleは、この「音楽ダウンロード」サービスによって曲ごとにダウンロードできるシステムとなっていますが、今後はApple Music(定額配信)に統合し、年会費(あるいは月額)で「聴きたい放題」のサービスに重点を置いていく模様です。

僕自身は、これまでApple Musicを含め音楽の定額配信サービスを使ったことがなかったのですが、これを機に一度試してみようと、Apple Musicの「無料トライアル」に登録してみました(登録は「ミュージック」アプリを起動し、「For You」タブから行えます)。

本日のレビュー記事は、Apple Musicの無料トライアルを実際に使ってみた際の体験談を交えた簡単な感想です。

 

Apple Musicの曲のサービス

まず単純に曲数の豊富さに驚きました。

当初は、「邦楽に弱い」という話もあったので、邦楽はYouTubeに挙がっているシングル曲だけなのだろうと勝手に決め込んでいたのですが、そんなことは全然ありませんでした。Apple Musicの扱っている楽曲数は4000万曲(月額料金は、個人980円、ファミリー1480円、学生480円です)。

楽曲数がどれくらい豊富か、というのは好きな音楽のジャンルによっても変わってくるので、無料トライアルで確認してみて下さい。

 

また、知らない音楽に触れる機会も増えます。

Apple Musicで聴いた音楽によっておすすめされる曲の(YouTubeの「作業用」のような)リストが表示されます。このリストのおかげで、趣味が隣接しながら今まで知らなかった曲を知るきっかけにもなります(「CINRA」や「WIRED」などの有名な雑誌メディアもキュレーターとして参加しています)。

 

 

 

 

iPhoneを使っている場合「ミュージックアプリ」をそのまま使えるので、操作性やデザインに慣れ、使い勝手がいいのも長所です。曲をダウンロードすれば普通にライブラリに入れられるのでオフラインでも聴くことが可能です。

またiOSユーザーなら Apple Music でダウンロードした曲と、過去にTSUTAYAなどで借りたCDの曲やiTunesで購入した曲を一括で管理できるのも便利です。

 

無料トライアルの解約方法

無料トライアルでおおむね操作方法や使用感は掴めるでしょう。

ただ、この無料トライアルの注意点は「三ヶ月」で期限が切れ、自動で更新される(課金が始まる)ことです。

もし試した結果 Apple Music が使いづらいと思ったり、サービスや選べる楽曲に不満があるようなら、更新の日がが来る前に、あらかじめ登録をキャンセル(解約)する必要があります。

そこで最後にApple Musicの無料トライアルの解約方法を紹介します。

まず、登録内容を確認するためにiTunesに進みます。

すると、登録の編集画面に移り、「トライアルをキャンセルする」をタップすると解約の手続きが進みます。

これで解約は終了です。

登録から解約まで、とても簡単なので、まだ定額配信サービスを使ったことがないようならぜひ一度試してみて下さい。

以上、Apple Musicのレビューと、無料トライアルの解約方法でした。

シンプルで美しい、Mac用のテキストエディタ(文章作成アプリ)「stone(ストーン)」の使用感【レビュー】



Mac用テキストエディタ「stone(ストーン)」のレビュー
★★★★★ 5/5


日本デザインセンター発のシンプルなテキストエディタ「stone」

さっそくレビュー記事の1本目。

今回レビューを紹介するのは、日本デザインセンターがつくったMac用のテキストエディタ(文章作成アプリ)「stone(ストーン)」↗︎です。

ネット上で、Macユーザーで頻繁に文章を作成するなら使ったほうがいい、と話題になっていたので試しにインストールしてみました。

 

購入・ダウンロード
stoneはMac用アプリケーションです。
App Storeから購入いただけます。

価格:3,000円
対応OS:macOS 10.13、 10.12、10.11

 

日本デザインセンターと言えば、無印良品のアートディレクションを担当している原研哉さんが代表を務める、シンプルで美しいデザインが特徴の会社。

 

www.ndc.co.jp

 

その日本デザインセンターの若いデザイナーさん二人(横田泰斗、 北本浩之)がつくった文章作成アプリがこのstoneであり、最大の長所もその圧倒的な「シンプルさ」にあります。

一言でシンプルと言っても「デザイン」だけでなく、「機能性」や「哲学」まで徹底してシンプル(美しさ)にこだわったテキストエディタで、そもそもデザイン会社が制作したというのも画期的なことのようです。

 

 

 

stone(ストーン)のコンセプト

stoneの公式ホームページでは、このテキストエディタの「コンセプト」について次のように掲載されています。

 

stone(ストーン)は、日本語を書くことに主軸を置いた文章作成アプリケーション。

清らかな気持ちで文章を書く。そのために機能は極力そぎ落とし簡潔に、画面はシンプルで、文字が美しくつづられる、「素」のノートに徹しました。

書かれることを静かに待つかのように、凛と佇むスクリーン。これまでにない書き心地のstoneは、あなたからどんな言葉を引き出すでしょうか。

出典「stone HP」より

 

このコンセプト通り、余白の多い静かなデザインで、文章入力中も一切の余計な「雑音」がなく、とても居心地のよい文章空間を演出してくれます。

これは紙のノートでも同じですが、紙質が悪かったり紙面のデザインが煩雑だと、その「情報」が余計なストレスとなって「書く」ことに集中できません。

頭や心に浮かんだアイディアや言葉が、右手を伝ってペン先に、そしてノートに写し出される過程で、なるべくその「水」を滞らせるものは少ないほうがいい(「情緒」を重んじた稀有の天才数学者、岡潔は、頭に響いて思考の妨げになるからという理由で、革靴ではなく長靴を履いていたと言います)。

書く、というのは、それくらい繊細な営みなのです。

stoneも、こうした阻害要因をぎりぎりまで削ぎ落とした、究極にシンプルなテキストエディタと言えるでしょう。

 

stoneの機能は?

最後に、stoneが備えている具体的な機能について、少しだけ(そもそも「少し」しか機能はありませんが)紹介したいと思います。

まず、書式設定については、「書体」「文章の向き」「文章の大きさ」「行の空き」「一行の字数」が設定できます。

書体は、明朝体とゴシック体の二種類。縦書き(美しい日本語を書くことに特化するため)と横書きに対応し、一行の字数も、「増やす」「減らす」と調整が可能です。文字の検索や文字数も一目でわかる仕様となっています。

扱えるフォーマットはプレーンテキスト(.txt)のみです。

今後、改良を加えていくようですが、機能についてはその「少なさ」こそが魅力なので慎重に行うのではないでしょうか。

 

レビューのまとめ

日本語に特化し、日本語を美しく表現することを突き詰めたシンプルなデザイン、機能を備えたMac用のテキストエディタ「stone」。文章を書いているだけで楽しくさせてくれる文章作成アプリだと思います。

Macユーザーで文章をつくるのが好きなひとは、とても使用感のよいテキストエディタなので、よかったら使ってみて下さい。

以上、日本デザインセンター制作のMac用テキストエディタ「stone」のレビュー記事でした。